241 :名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木) 19:36:31 ID:???
個性.って何なんだろうなと思ったこと
親戚の叔父さんは運動万能の爽やかスポーツマンって感じの人で勉学も高学歴のエリートって感じでいつも堂々としてて頼り甲斐のある人

でも叔父さんは小さいころはデブで気が弱くていつも俯いてる典型的な陰キャって感じだったそうだ
叔父さんの両親は自分たちが厳しく躾けられた反動で「私たちは無駄に厳しい教育のせいで個性.を潰された!
だから私たちは子供の個性.を大事にしてのびのび育てないと!」という教育方針だったそうだ
なので小さいときの叔父さんは気弱でスポーツも勉強も苦手、相手の目を見れず猫背で小声でぼそぼそとしか話せなかった
それも叔父さんの個性.!気が弱いのは優しさの発露!スポーツや勉強が苦手でも手先が器用で絵が得意だし優しくていい子だから大丈夫!
って感じで両親は優しく見守ってたんだそうだけど、中学生の時に体育系の熱血教師(担当は数学)に目を付けられて
「背筋を伸ばせ!人の目を見ろ!はきはき話せ!そのためには発声練習とフォームの矯正だ!数学も補習させまくるぞ!」と厳しく躾けられたとのこと
しかしそれが切っ掛けで運動も勉強も成績が大幅にアップし(それまでが底辺だったというのもあるけど)自分に自信が持てるようになり、
高校から大学まで柔道部で体を鍛えまくり、勉強も努力するようになり、自己主張も堂々とできるようになって別人のように成長したという
叔父さん曰く「俺は元々負けず嫌いだったんだけど、小さいころは自分に自信がなくて勝負をいつも避けてた。それが一見優しさのように見えたのかも。でもその優しさは見せかけでけして俺の個性.じゃなかった」とのこと
その熱血数学教師は叔父さんに「ぼそぼそとしかしゃべれない、猫背、言うべきことを言えない、努力できない、それらは個性.じゃなくてただの悪癖。治せることなら矯正すべきだ」
と言い聞かせたそうで、叔父さんはそれを常に自分に言い聞かせてるそうだ
それを聞いた叔父さんの両親は「自分たちは息子の悪いところを個性.だと思い込んで成長させようともしなかった。私たちの教育方針はなんだったんだろう」と落ち込んでしまってるとのこと

尊重すべき個性.と矯正すべき悪癖の違いは何なんだろうか
244 :名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木) 21:10:57 ID:???
性.格面は難しいかもしれないけど
少なくとも健康のために猫背はなおすべきだよね
257 :名無しさん@おーぷん 2017/08/18(金) 09:36:08 ID:???
>>241
背筋が悪い→将来、腰痛などの原因に繋がる
小声でボソボソ喋る、目を合わせない→他者とのコミュニケーションが困難になる(何度も聞き返されるなどで面倒になったり自信を喪失する)
結果、社会的に孤立しやすくなり、自分の思いや感情を言葉にすることに慣れていないため病院などにかかった際にも上手く症状を伝えられなかったりする

こういう生活に支障が出るところは直すべきだろうね
あと、スポーツや勉強が苦手なのも、努力しても結果が芳しくなかったのなら仕方ない(努力したことを誉める)けど、最初から努力を放棄していたのなら、それは悪癖
245 :名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木) 22:00:31 ID:???
>>241
個性.を育てるなら、絵が上手い部分だろうね。美術館巡りや美しい風景や町並み見に旅行に行って、硝子工芸作りとか色んな体験をして想像力を高める…みたいな。自然に接して、山登りに興味を持つかも知れないし、可能性.は広がっただろう。
でも、夫婦は通販番組の人みたいに過剰に誉め称えるだけで、個性.を育ててはいないよね。
250 :名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木) 23:52:24 ID:???
>>245
先生は単に叱るだけじゃなくてフォームの矯正だとか補習だとかで具体的に行動してるんだよな
それが一番の違いだろうか
254 :名無しさん@おーぷん 2017/08/18(金) 06:11:12 ID:???
>>250
そう思う。